Internet3
アクセス ベータ版に申し込む(無料)

安全なインターネットを創ることは不可能? いいえ、実際に稼働中

インターネットはセキュリティがない状態で誕生しました。 サイバー攻撃が横行し、私たちのデジタル・フリーダムは危険にさらされています。Internet3™(インターネット・スリー)は、既存のアプリケーションとの互換性を担保しながら、コストを削減し、安全性を確保しています。インターネットセキュリティではなく、セキュアなインターネットを!

世界的危機

リスクに直面するデジタル・フリーダム

人類は今、デジタル権威主義の台頭という世界的な危機を迎えています。

サイバー攻撃が横行し、明確な脅威によってネットワークの信頼性を損なわれています。何十億もの人々がアクセス制限を受けています。

私たちは、表現の自由を抑圧し、独立ニュースサイトを検閲し、選挙に干渉し、偽情報を広め、市民やその他の人権を否定する国家を見てきました。

現在のインターネットは、何十億もの人々に経済的な機会を提供していますが、同時に現代経済の未来を根本的に妨げています。

  • 暗号と認証のないサイバースペースは、現代経済における西部劇のようなものです。
  • ネットワーク管理者に過大な権限が委ねられ、悪意ある者によってネットワークの停止や情報のフィルタリングを強要される可能性があります。
  • 政府や企業はプライベートネットワークの活用を余儀なくされ、その結果、セキュリティの名の下に閉じたネットワークを構築し、イノベーションや経済の自由を制限しています。
  • 抑圧的な政府は、西洋の技術をハイジャックし、 それを急速に拡張して準権威的なエコシステム(QAE)を作り上げています。

解決策がなければ、自由世界の主要な経済パートナーは分裂し、これらのQAEに参加するかもしれません。

サイバースペースと振興技術において、私たちの周りで起こっているデジタル革命によって、役立ち、利益を保護し、競争力を高め、価値を発展させる、デジタル革命によって、私たちは大きな利益を享受しています。

アントニー・ブリンケン

第71代アメリカ合衆国国務長官

コスト削減・信頼の実現

ようこそ、真のインターネット!

Internet3は、セキュリティと認証が組み込まれた世界初のインターネットであり、インターネットサービスプロバイダ(ISP)が存在しないため、各デバイスが IP アドレスを所有し、月額料金が不要になります。

このためコストとセキュリティに柔軟性が生まれ、アプリケーション開発者は車輪の再発明ではなく、革新的なソリューションの開発に集中することができます。

デジタル・フリーダムの保護

デジタル民主主義を保証する技術であるソリューション、Internet3は、サイバースペースとデジタル政策における民主主義の原則、開放性、基本的人権を支えます。本質的に、Internet3では、各デバイスがサイバースペースにおける自分自身のアイデンティティを所有し、そのアイデンティティは誰にも奪われることはありません。

Internet3は、世界各国の政府機関と連携し、すべての人が活躍できるオープンなデジタルの未来を築くための基盤を提供しています。

私たちは、米国と、「未来のインターネットに関する宣言」を立ち上げた世界中の60以上のパートナーとともに、力強く立ち向かっていきます。

分散型多惑星間サイバー社会

Internet3は、各デバイスが暗号化された独自の IP アドレスを生成するため、非常に安全でコスト効率に優れています。

外部プロバイダー(ISP)に月額料金を支払う代わりに、各機器が IP アドレスを所有するため、インフラへの投資を最大化することができます。

ユーザー、デバイス、車両が自分の IP アドレスを持つことができれば、砂漠でも、空でも、海でも、宇宙でも、2つのデバイスが集まればどこでも接続できるようになります

A Distributed Multi-Planetary Cyber Society

既存のアプリケーションとの互換性

Internet3は、現在人気のあるアプリケーションと後方互換性があります。

IPv6のシステムAPIを介してアプリケーションと接続するので、アプリケーション開発者はInternet3に関して新しく学ぶ必要がありません。

ほとんどのアプリケーションが、何も変更することなくInternet3の上で動きます。

Compatible with Existing Applications

真のゼロトラストセキュリティ

Internet3は、ゼロトラスト・セキュリティポリシーを導入・管理するための最適な方法です。

ゼロトラストは、米国NIST800-207で定義されているセキュリティポリシーで、組織のネットワーク内外を問わず、すべてのユーザーに認証・認可・継続的な検証を義務付けるものです。ゼロトラストは、従来のネットワークエッジが存在しないことを前提にしています。

Real Zero Trust with Internet3

他のソリューションでは、ゼロトラスト・セキュリティを有効にするために高価なソフトウェアのアドオンが必要ですが、Internet3では追加費用なしで、 IP アドレスレベルでこれらの保証を提供します。

組み込み産業市場向けアクセラレーター

1980年代から抜け出せていない組み込み産業界。 必要とされている認証とセキュリティがありませんでした。 Internet3は、1兆個以上の産業用デバイスに認証とセキュリティを一括価格で提供できる唯一のインターネットです。(都市部では4m2に1デバイス)

政府も株主も、企業に対して新しいAIやエッジソリューションとの統合を期待しており、アプリや組み込みデバイスの需要が急増することになります。

Internet3は、真に固定費のかからない唯一のセキュアな基盤を提供します。

No change to GDP for over 30 years

実績ある第3世代インターネット技術基盤

IPv6は、IPv4アドレスの枯渇問題に対処するために考案された第2世代インターネット技術です。Internet3は、IPv6の不安定性とインターネットサービスプロバイダのコスト問題に対処するために設計された第3世代インターネット技術(EVER/IP)をベースにしています。

大きな違いは、 IP アドレスの決め方です。IPv6アドレスは地域のデータベース(IANA、インターネット番号割当機関)から割り当てられるのに対し、Internet3の IP アドレスは割り当てられず、各デバイスが所有する公開鍵・秘密鍵ペアから生成されます。経済的には、外部プロバイダー(ISP)に毎月料金を支払う代わりに、各デバイスが IP アドレスを所有することで、インフラ投資を最大化することができます。

これは、すべてのトラフィックが暗号化され、ネットワーク上のすべてのデバイスが IP アドレスレベルで認証されることも意味します。

Internet3の IP アドレスは、公開鍵暗号方式によるセキュリティとIPv6アプリケーションとの後方互換性を持つという利点があります。